わたりのわんる〜む

ブログ初心者が書いているブログです。自分の趣味や経験などを発信していきます!

1番の味方だったおじいちゃん!!

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

私はおじいちゃんに怒られた記憶がありません。

 

いつも褒めてくれます。

 

おじいちゃんとは離れて暮らしていて(まぁ車で1時間くらい)、2ヶ月に一回、3ヶ月に一回くらいのペースで会いに行きます。

 

おじいちゃんの奥さん(私のおばあちゃん)は、私が生まれてすぐに亡くなったそうで、長い間1人で暮らしてます。

 

会いに行くと、

 

「よくきたなー!、ゆっくりしていけよ!」

 

と笑顔で迎えてくれます。

 

物静かで、お酒が大好きで、でも酔ってもそんなに変わらず、いつも優しいおじいちゃんです。

 

よく部活の試合とかも応援に来てくれました。

 

大学受験が近づいてきて、私自身余裕がなく、初めてお正月におじいちゃんに会いに行きませんでした。

 

私の地元は豪雪地とまではいきませんが、結構雪が積もるところです。

 

 

ここ数年、おじいちゃんは入退院を繰り返していて、体力がなくなっていたので、

 

父や母がたびたびおじいちゃんの家に行って、雪かたしをしていました。

 

安全のために。

 

でも、1月中旬の雪が降り積もったある日、おじいちゃんは雪かたしに行ったそうです。

 

真面目で心優しい人なので、父や母にあまり負担をかけたくなかったのでしょう。

 

母は毎日夜、おじいちゃんに電話をかけていて、その日おじいちゃんは電話に出ませんでした。

 

何度かけてもでません。

 

不安な表情で、母がおじいちゃんの家に向かったのを覚えています。

 

 数時間後、家の電話がなりました......

 

母からでした。

 

おじいちゃんは雪かたしをしていて、雪で隠れていた側溝に、

 

足が挟まり抜け出せなくなっていたそうです。

 

そして、長い時間、誰にも見つけてもらえず亡くなっていたそうです。

 

数日後にお葬式が執り行われました。

 

私自身初めて、お葬式に参加しました。

 

正直、その時はおじいちゃんが死んだという実感はありませんでした。

 

悲しくもなかったです。

 

数日後に大学受験が控えているということで、そのことで頭がいっぱいだったのかなぁと思います。

 

受験を終え、自分の部屋にいました。

 

「もうおじいちゃんに会うことはできないのかぁ」

 

と考えていると、涙が溢れてきました。

 

普段、泣くことはほとんどない私ですが、大泣きしました。

 

今までで一番泣いたと思います。

 

お正月に会いに行っとけばよかったなと後悔しました。

 

人の死がこんなにも悲しいものだということを知りました。

 

ときどき、思い出して、泣いてしまいます。

 

本当に大好きなおじいちゃんでした。

 

今までありがとね、おじいちゃん。

 

これからも見守っていてください。